知床四季のフォトエッセイ
達成感

知床四季のフォトエッセイ
2004年
研修旅行12月
森の掟11月
フィナーレ10月
県民性 9月
真夏の夜の夢 8月
近況 6月
旅立ち 5月
調和 4月
同窓会 2月
世界で一つだけの花 1月
2003年
師走12月
早朝の港11月
星風呂の家 9月
約束 8月
それぞれの思い 7月
達成感 6月
共存 5月
春の訪れ 4月
冬のタンポポ 3月
流氷ウオーク 2月
心の栄養 1月
2002年
楽しむ12月
秋に想う11月
自然観察会INルシャ10月
輝いている 9月
笑顔の秘密 8月
無農薬 7月
<< ・前号  ・Top  ・次号 >>
達成感
No,12 2003年6月号 著者:村石孝枝
 「知床山の会」と聞くと 毎週のように あっちこっちの山に登って いる アルピニストの集まりのように思うが 実際は年2回しか活動 していない(飲み会だけの活動あり)我クラブの名前だ。  年2回というのは だいたい 気温の安定している 6月下旬と 9月下旬に決めている。  6,7年前に 「何か 知床に住んでいるんだから それらしいこと しようよ!」と 最初は3,4人で とりあえず近くの羅臼岳に 登りはじめた。 ところが 硫黄山、斜里岳、摩周岳と回を重ねるごとに いつの間にか 15人程の団体になってしまった。  メンバーは6歳から60歳ぐらいまでと幅広くて 職業も 年齢も バラバラだ。中には 東京、千葉、青森から参加する人もいる。  リーダーは 登山マラソンも やったことがあるという 知床の 「自然ガイド」の仕事をしている バリバリのアウトドアマンだ。  その人に言わせれば 私と私のごく親しい友達が「この山の会の 最難関の2人だ!」というのだ。  だから私達は 念入りな準備を 1ヶ月前から始める。まずは早朝に 早足で歩く。それに馴れたら 知床八景の1つと言われている オロンコ岩に登る。この岩は 石段が 200段あり 約15分程 で登れるが 勾配は急で 途中3回は休まないと登れない。。  頂上は高山植物が密集していて ちょっとした 原生花園気分を 味わえる。目の前には オホーツク海が広がり 夕日の時間は 特に おすすめだ。  海に 大きな夕日が きれいに落ちていくのを見ると「地球って やっぱり円いんだ」と思う。そうすると なんだか「生きているって いいなあ ありがとう。しあわせ」と どんどん ポジティブな 気分が溢れてくるから不思議だ。これはもう 無条件に自然の力。 いいえ 知床の力 とも言えるかもしれないなあ。  こうして オロンコ岩に毎日のように登り すっかり登山をしたような 気持ちになってから本番を迎える。 「今日こそは みんなに迷惑かけないように頑張るよ」と 友達と 握手して 登山口に立つ。  登山は 最初の2時間が本当にきつい。「もう イヤダ」という 気持ちに最低でも3回はなる。  リーダーは 私達2人の顔色を見ながら 絶妙のタイミングで 休憩を入れる。  仲間達は「はいチョコレート。チーズもあるよ」 「荷物持ってあげるか」など 気を使ってくれる。おかげで 次の日に 体重を計ると 必ずプラスになっているのが ちょっと気になるけど・・・  でも この2時間を過ぎると 急に体が軽くなる。それは 他のみんなも同じで どんどん登る速さが増す。こうなると もう ついてゆけない。登山口での固い決心も うちのめされて とうとう「休みたい」と 口に出してしまう。「いいよ」と みんな 言葉は やさしいけど 視線は前方を向いたままで 「登るぞ!」 と いう気迫に満ちている。  登山というものは 人に合わせるのではなくて 自分のペースを 守って 登ることが基本らしい。  まあ 私と友達の2人だけに されたら いつまでたっても 頂上に着かないので メンバーの中から必ず1人残ってくれる。 私達は けっして挫折していないのに なぜか「挫折隊」と みんなから呼ばれている。  しかし もう挫折隊になってしまえば 気がラクだ。 森を通りむける風が 心地いい。 何しろ自分のペースで登るのだから・・・ 「みんなのように あんなに急いで登ったら こんなにかわいい 知床すみれ 見られないよね」と 言うと「歩きながら いろんな ものを感じているの。五感をフルに活用しながら登ったら 疲れているヒマないよ」と 残ってくれた挫折隊のリーダーは言う。 「ふ〜ん ということは 私達2人は五感をバラバラに使っているから こんなに疲れるんだ」と 自分に都合のいいように解釈しながら ドッコイショと声をかけて またひたすら登る。  先発隊より 1時間程遅れて 挫折隊が頂上に到着すると 拍手で迎えてくれる。この時は やはり小さな達成感で いっぱい になる。自分の足に「よくやったね」と声をかけてやる。  そうだ もしかしたら 山に登るということは この達成感を 味わう為なのかもしれない。  日々生活をしていると もう十分に頑張っているのに もっと もっとという思いが先走ってしまい「ここで終わり!」という 目安がない。だけど 山にははっきりと頂上という 終わりが あるから たった1日で それぞれに達成感を感じ 満足できるんじゃ ないかなと思う。  下山して 反省会という名の宴会を 我が家でバーベキューを やりながら開く。この時飲むビールはやっぱり最大の 達成感の 味かなあ。
 
<< ・前号  ・Top  ・次号 >>
 
写真
1枚目:知床五湖6月
2枚目:知床フレぺの滝6月
3枚目:知床カムイワッカ湯の滝6月

オホーツクドットコム 風景写真集 来運の水 知床カムイワッカ湯の滝レポート 北海道四季の食材 強酸性の硫黄泉「川湯温泉」 知床四季のフォトエッセイ オホーツクメール
旅行の服装について・今日の風景 北海道観光名所 流氷ビューポイント 飲食店・グルメガイド 知床・屈斜路露天風呂 オホーツクの四季 阿寒オンネトーの四季 摩周・屈斜路サイト
(C) Copyright 2002-20017 essay-shiretoko.com .All rights reserved.
「知床四季のエッセイ」著作 村石孝枝
制作、著作、運営管理 知床四季のエッセイ