知床四季のフォトエッセイ
輝いている

知床四季のフォトエッセイ
2004年
研修旅行12月
森の掟11月
フィナーレ10月
県民性 9月
真夏の夜の夢 8月
近況 6月
旅立ち 5月
調和 4月
同窓会 2月
世界で一つだけの花 1月
2003年
師走12月
早朝の港11月
星風呂の家 9月
約束 8月
それぞれの思い 7月
達成感 6月
共存 5月
春の訪れ 4月
冬のタンポポ 3月
流氷ウオーク 2月
心の栄養 1月
2002年
楽しむ12月
秋に想う11月
自然観察会INルシャ10月
輝いている 9月
笑顔の秘密 8月
無農薬 7月
<< ・前号  ・Top  ・次号 >>
輝いている
No,3 2002年9月号 著者:村石孝枝
 「浜にイワシが来ているよ」友達から連絡がはいる。「うん ありがと うすぐ行く」これだけで話が通じる。 さっそく長靴、軍手、バケツの浜の3点セットを持って浜辺へ急ぐ。 車で2,3分の何時もの場所に着くと イワシ仲間がもう大勢集まって いた。時間は夜の10時過ぎ。車のライトで照らしてみると全体が銀色 に見える程イワシは来ていた。 浜に降りてイワシを両手ですくってみる。まるで海底から魚が湧き出て いるように次々と上がってくる。 「ああ今年もまた来てくれたんだね。待ってたよ」思わず頬ずりして しまう程懐かしい匂いと感触だ。 もちろん釣り針などはいらない。いくらでも手づかみで獲れる。 バケツ1杯は10分もかからない。  毎年ほぼ同じ時季に オホーツク海はここに住む私達にとんでもない ステキな贈り物を届けてくれる。 それは年に何回かあって 嵐の後の「コンブ」だったり、秋の終わりの 「サンマ」であったりする。 産卵の為にやってくる この片口イワシの大群もその一つだ。 夏の間のほんの2,3日だけ。時間も午後10~12時頃に限定される。 それを過ぎると もうたったの1匹もいない。見事なまでの団体行動だ。 このイワシの大群の動きをうまくキャッチするにはタイムリーな情報 が大切となり いつの間にか仲間うちで「イワシ連絡網」なるものが できつつある。  知床に住んで、普段はめったに海に行ったりしない。だけど 心の中 には海に憧れる気持ちは何時もある。 イワシの大群の訪れは そんな自分の中にある小さな欲望を満たして くれるきっかけを作ってくれるのかもしれない。 この日ばかりはドップリと海につかり やって来た海の贈り物を 有り難くいただくのだ。  そんなこんなで 1時間程夢中でイワシと格闘していると 両手に 山盛りのバケツを持った友達が、「そろそろ帰ろうか」という。「そう だね」と言いかけて彼女の顔を見るとなにやら美しい・・・。月の光 を浴びて艶めかし程だ。顔や髪だけではなくて 全身ラメのベールを かけたようにキラキラしている。「輝いているよ」というと 「お互い にね」と返してきた。見ると全身にまんべんなく付いたイワシのウロコ が光に反射して それはそれは美しい虹色に輝いていたのでした。
 
<< ・前号  ・Top  ・次号 >>
 
写真
1枚目:鮭遡上斜里町遠根別10月
2枚目:親子鹿知床岩尾別温泉ホテル地の涯6月

(C) Copyright 2002-20017 essay-shiretoko.com .All rights reserved.
「知床四季のエッセイ」著作 村石孝枝
制作、著作、運営管理 知床四季のエッセイ